2月の大雪でハウスが潰れリニューアル

  • 2018.04.16 Monday
  • 00:08

今年は記録的な大雪で記録によると37年ぶりの大雪だった。

この大雪で山のイノシシが死滅してしばらくは出てこないだろうと思っている、

10年前12月から1月まえ1ヵ月雪が降り続いたときも、しばらくはイノシシの害が

無くなった。

 

今年は大雪のおかげで、ハウスが潰れた。

こんな感じで真ん中が雪の重みでつぶれました。

中に農機具が一部入れてあったが歩行用の田植え機は苗を乗せる板が割れて

使えなくなったので中古のやつを譲りうけました。

ハーベスタは頑丈だったので、大丈夫でした。

それでハウスを解体しました。

それで新しく組むに当たって、1間伸ばし、材料を注文し、組み立てました。

まだ、ビニールを張る前で、組んだところです。

新しいハウスは良いです、

 

 

 

北陸地方の記録的な大雪

  • 2018.02.15 Thursday
  • 23:43

今年は昭和56年以来の大雪になりました。

これは2月7日から8日の様子です。

ここは山の方ではなく、平地です。

家の前の車を置いている場所です。

1m以上あります。

車をどかしたところ

家の前の道路

この道路はコミユニティバスも通リます。

家の前の田んぼ

道路の脇の雪が2mくらい積みあがっています。

こんなことは本当に昭和56年以来です。

連日通勤に往復2時間のところが5時間かかり、半分くらいの人が出勤困難者と

帰宅困難者も出ていました。

 

 

 

 

 

 

 

2018年戊戌年は変化の年です。

  • 2018.01.03 Wednesday
  • 01:32

明けましておめでとうございます。

2018年は10干12支で行くと戊戌(つちのえいぬ)年です。

 

十二支は「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の12種類があり
十干は「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種類と組み合わせ、合計60通りが存在します。
還暦で60年で1通リ回って、新しく初めに戻ります。


「戊(つちのえ)」は、生命の成長サイクル「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の
十種類のうちの5番目にあたり、勢い良く葉が茂る様子を表し、繁栄を意味している。
「戌」という文字は「一」と「戊」で成り立っていて、刈り取って束にした草と、刈り取りの刃物を表した
象形文字であり、「終わり」を意味している。そこから派生し、後に「滅」という字が生まれた。


一方で「戌」(いぬ・じゅつ)は、生命の成長サイクルの11番目で枯れた木を表し、
終焉・滅亡・終わりを意味しています。

また、「戊」は、陰陽五行「木・火・土・金・水」の分類では「陽の土」に当たり

季節も同じく春夏秋冬のどこにも関わらず、
四季の変わり目である立春・立夏・立秋・立冬の直前の18日間ずつが土となります。
土用の丑の日で有名な土用はこの期間に当ります。

 

今年は両方土の意味のある年です。

では2018年はどんな年になるか?

2018年は、土の性質から変化する年なのです。

過去の戊戌年の出来事がヒントんあります。

 

1778年
7月 アメリカ独立戦争(ウェサン島の海戦)
8月 ミラノ・スカラ座の新劇場が落成

1838年(天保9年)
4月 ニカラグアが中央アメリカ連邦共和国からの独立を宣言
10月 イギリス軍がアフガニスタンに宣戦布告(第一次アフガン戦争)
11月 メキシコ共和国で菓子戦争が勃発

1898年(明治31年)
4月 米西戦争
10月 日本美術院設立
12月 ピエール・キュリー、マリー・キュリー夫妻がラジウムの発見を発表

1958年
1月 東京通信工業がソニーに社名を変更
1月 大日本製薬がサリドマイド配合の「イソミン」を発売(後にサリドマイド訴訟に発展)
1月 ジェームズ・ヴァン・アレンによるヴァン・アレン帯の発見
3月 関門トンネルが開通
3月 ナンシー梅木が日本人初のアカデミー助演女優賞を受賞
4月 衆議院解散
11月 宮内庁、皇太子・明仁親王と正田美智子の婚約を発表
12月 新1万円札(聖徳太子像)発行
12月 国民健康保険法公布

2018年

平成が終わり新しい元号が始まるのは2019年で、その準備が始まる。

こう見ると昭和は戦争は無かったですが、前の戊戌年は紛争が多かったです。

 

災害については

・南海丸沈没
・阿蘇山大爆発
・浅間山大爆発
・狩野川台風

昨年は丙でしたので火事が多く地震が少ない年でした。

今年はやはり土に関する災害が多そうです。

 

2018年は仕組みが変わる、スポットライトが当たるところが変わる

これまでのルールや慣習にこだわらないで、新しい動きが生まれる年なんだと思いますね。

今年は小は個人から日本、世界にとって変化をするタイミングなのです。

歴史を見ると、変化は「待っていて起こるものではない」ということも事実のようです。
変化するためには、やっぱり勇気が必要。思い切りが必要な事例が多いんです。

例えば今の天皇陛下ですが婚約相手を、民間の人から選ぶって、当時は相当な勇気が必要だったでしょう。
そして今年2018年に生前退位という新たな仕組みに取り組まれています。勇気のある方なんですよね。

 

しかし、変えたいからって、努力すればいつでも変わるかというと、そうではありません。
何かが邪魔したりするのが普通なんです。
それは、目に見えないもので、運とか流れとか、そんなものがあります。
タイミングが大事なんです。良くも悪くもそのタイミングが今年です。

年末を迎えて、今年は良い方向に変化できる年でありますように!

2017年丁酉(ひのとり)です。

  • 2017.01.02 Monday
  • 22:37

明けましておめでとうございます。

2016年大きく変わってきた年でした。2017年はどうなるでしょうか?

 

2017年、丁酉年は、この「丁」という火は丙とは違い、非常に弱弱しい火である。

だが地の「酉」という金は強烈であるため、火剋金と天が地を傷めようとしても、

逆に金に 負けてしまうのである。「酉」という金は新しく始まった勢力のことであり、

それまでの体制を打ち破ろうとする力である。そして「丁酉」はどちらも陰であるため、

その作用は穏やかである。

 

ここで60年前の1957年に起こった出来事

 日本初の観測用ロケットの打ち上げに成功。糸川教授による国産ロケット「カッパー4C」1号機。

 茨城県・東海村の日本原子力研究所で、日本初の「原子の火」が灯る。

 ソ連初の人工衛星スプートニク1号の打ち上げに成功。

 南極観測隊がオングル島に昭和基地設営。

 五千円札(伊藤博文)発行。

 100円硬貨発行(鳳凰のデザイン)

 この年設立された有名企業

 阪神百貨店、日本コカコーラ、カシオ計算機、日本原子力発電、全日本航空

 

次にさらに丁酉を詳しく見てみます。
丁という字は「ひのと」と読み、「火の弟」とも書きます。

火の性質を持っていると考えるのが五行から見た「丁」なんです。
同じように十二支の酉は五行で見ると、金の性質。
2017年は、火と金の組み合わせということになりました。

火が金を溶かしてしまいます
このような両者の関係を「相剋(そうこく)」と言います。
相剋は順調ではないことを意味します。
2017年は上の丁が下の酉を剋するというわけですね。
上に対して下が弱い関係になっているのです。
こうみると2017年はあまり順調に行かないようなイメージが見えてきました。

 

2016年に英国のEU離脱の流れから反グローバリズム(特定の勢力による支配)が始まり

アメリカでもトランプ大統領が誕生とその流れがゆっくり進んで行くと思われます。

2017年は2016年に大胆に動いたことが、じわじわと世界に浸透していくことになる。

つまり今までのグルーバル主義よりも個人国家を中心とした動きになっていくと思われます。

組織のためより自分個人のため、企業より人間、物より心、世界よりも我が国、

偏差値やマニュアルよりも個性、独自性、コラボより単独、便利さよりも快適さ、

男性よりも女性、青年よりも老年、創作よりも編集、といった発想が時代に味方されるのである。

 

いろいろな意味で、2017年は2016年で大きく変わってきたことが

ゆっくり世界に浸透してゆくと思います。

 

 

 

チョコレートを作るために児童奴隷利用、その7有名なブランドは

  • 2016.02.14 Sunday
  • 00:03
バレンタインデーが今日ですが、こんな記事を見つけました。
僕はネスレのキットカットを昨年まで食べたことがありますが、
この記事からネスレのお菓子を買うのを止めようと思ってます。

これで、ロッテ、ネスレと7社のお菓子は買いません。
また、コーヒアレルギーになってしまったと過去のブログで書きましたが
安物のチョコレートを食べてもお腹の調子がおかしくなります。
ダース等はお腹の調子が悪くなるので食べられなくなりました。
高いけどお腹の調子が悪くならないチョコレートを食べています。
高いので多く食べられないのでちょうどいいです。
下記の英語の記事からとそれをweb翻訳した記事のリンクです。

7 Famous Brands That Use Child Slaves To Make Your Chocolate
チョコレートを作るために児童奴隷利用、その7有名なブランドは

西アフリカのカカオ豆農園では、15歳に満たない子供たち(中には5歳の子供も)が朝6時から夕方まで働いています。
そしてこれら農園は、あなたの大好きなキットカットやM&Mといったチョコレートの生産のために
ネスレーやハーシー(Hershey)、マース(Mars)、クラフト、ADMココア、ゴディバ、
そしてFowler’s Chocolate
などと取引を行っているのです。

2015年9月、カリフォルニア州でネスレー、ハーシー、マースに対する集団訴訟が起こされました。
これは同社らが社会的・同義的に責任を取っていると間違った印象を与えている一方で、
西アフリカのカカオ豆供給業者による人権侵害を黙認していたためです。

2005年に子供の奴隷であった三人のマリ人が現在、ネスレー、カーギル、ADMに対して
別個の訴訟を起こしており、コートジボアール国内でのカカオ豆市場で子供の奴隷の使用を支援し、
教唆していたと訴えられています。2000年に公開された「Slavery: A Global Investigation
(仮訳:奴隷制度・世界的な調査)」というドキュメンタリーでは、チョコレート産業と
子供の奴隷によるカカオ豆の収穫という深い闇の関連性について明らかにしています。

コートジボアールの当局によって奴隷の立場から逃れることのできた19人の子供の保護者は、
当時の子供たちは毎日、夜明けから日暮れまで働かされた上で毎晩、鍵のかけられた小屋の中
に閉じ込められた後、排尿のためのブリキの缶を渡されて服をもぎとられ、
縛り付けられて定期的に暴行を受けると言う日常
を、チョコレート製造企業に伝えました。
そして、数千人もの子どもたちがマリやブルキナファソ、トーゴなどの国からわずかの
お金のために両親から買い取られ、あるいは一部にはあからさまに奪い取られ、
コートジボワールに船で運ばれて同国のカカオ豆農園で奴隷とされる
までの経緯も伝えました。

奴隷制度を支援することを避けるために、こちらに子供の奴隷制度を食い物にし、
児童労働から利益を得ている7つの人気のあるチョコレートのブランドをリストアップしました。

2016年!干支は丙申(ひのえさる)。

  • 2016.01.16 Saturday
  • 07:58
あけましておめでとうございます。

正月から風邪を引いてブログがなかなか書けませんでした。
さて、今年は十干十二支でひのえさる「丙申」年です。

さる「申」の漢字には、樹木の果実が熟して固まる、伸びるという意味です。
「丙」の漢字はは五行でいうと「火」を現す漢字で、
「横に燃え広がる」「明らかになる」という意味。

また、十干は樹木の成長に例えられるんですが、丙は形が明らかになってくる頃です。
前年の「乙」はまだ自由に伸びることができず、曲がっている状態でした。
今年はちょっと成長して形が明らかになります。

申は「呻く(うめく)」の意味です。
申の呻くは果実が成熟して行って、固まって行く状態を表しています。
完熟までは達しない状態です。

前回の丙申は、60年前の1956年。
日本では日本は戦前の経済水準を超えるまでに回復し、
「もはや戦後ではない」という言葉が流行しました。
日ソ共同宣言、その後日本は国際連合に加盟。

世界では7月にエジプトがスエズ運河を国有化したことによってスエズ危機が勃発、
これがやがてイギリスとフランスによる爆撃と1956年10月にイスラエルに
よるシナイ半島の侵攻につながりました。(第二次中東戦争)
また、ハンガリーとポーランドでソビエト連邦の支配に対する革命も起きましたが、
両国とも容赦なくソ連軍に鎮圧されました。
(ハンガリー事件、ポズナン暴動)香港では、10月10日に国粋主義者による
雙十暴動が起こりました。

今年は、これまで日の目を見なかったことが形となって現れて来る年だと言えます。

昨年はトヨタからミライという燃料電池車が市販されて、今年はホンダがクラリティ フューエル セルを
3月かたリースで市販します。
水素社会の到来といよいよ石油支配からの脱却のきっかけになると思いました。
石油は今後イランからの原油が市場に入ってくるのでさらに余剰になって
1バレル30ドルを下回って、10ドル近くまで来るのではないかと言われています。

今まで、石油とドルで世界を支配してきた勢力にとっては都合の悪いことになります。
この話はこのくらいで、別のところで詳細書きます。

話は変わりますが自然農法についても日の目を見なかったことが形となって現れて来る
といいですね。

コーヒーによる腹痛

  • 2015.10.06 Tuesday
  • 22:40
歯医者での薬害から1か月経って、まだ多少めまいは残っていますが、体力は戻ってきました。
しかし、ブルックスの有機コーヒーを飲むと、4時間から6時間腹痛を起こすように
なりました。

もう5年以上になりますが、通常のコーヒーは飲めません。
体質が変わって、缶コーヒーやインスタント、通常のドリップコーヒを
飲むと12時間くらい腹痛を起こします。
5年くらい前の6月の毎週金曜日の夜に限って、腹痛を起こしました。
治るのは土曜日の夕方までかかりました。

食べ物が悪いと思い、当時会社で食べていたガム、飴を止めました。
がまだ起こします。
それでコーヒーにやっと気が付いて、コーヒーを止めました。
腹痛と言っても、胃ではなく胃の少し上のアバラ骨の境のところが
鈍痛で12時間くらい痛みが続きます。
1時間は鈍痛でその後の1時間は少し楽になりまた鈍痛が1時間
とそれを数回繰り返します。

それでここ5年はオーガニックのコーヒーしか飲めませんでした。
ところが、8月の歯医者での薬害があってから
ブルックスの有機コーヒーを飲んでも4時間から6時間の
腹痛が起こるようになりました。
ネットで調べたら、コーヒーアレルギーでヒットします。
が12時間の鈍痛の例はなかったです。

違う有機コーヒー例えばウガンダの自然栽培のコーヒーを
今日注文しました。
コーヒーは好きなので飲みたいです。
 

歯医者での薬害

  • 2015.09.13 Sunday
  • 23:53

今から2週間前のことです。
現在歯の治療を毎月1回のペースで昨年の12月くらいから行っています。
8月29日も午前9:00に予約をしてあり、歯医者に行きました。
今回は歯のクリーニングで歯茎の腫れが収まったら
次の治療に移るという説明で、受けました。

歯茎に歯周病防止の薬を注入していました。
今回の歯科衛生士は丁寧に30分くらいうがいをさせて
くれませんで、歯茎に薬が吸収されるので嫌だなと思っていました。

そして40分くらいで治療を終了して。
草刈機を積んで田んぼの畔の刈払いに行きました。
電気柵をしているところで、電線と草が絡んでいて
時間がかかり、終わったのが13:00過ぎでした。

30℃以上の気温で暑さもあり疲れて直ぐには出発できず
30分くらい休んでから車で昼食を摂りに向かいました。
今度は畑を耕そうと思っていました。
そこで、久しいぶりにはま寿司に入ろうと思い、加賀のはま寿司に
寄りました。
駐車して、玄関に入るところで家族ずれでつかえていたので
しゃがんだら、意識が飛んでしまいました。

気が付いたら、救急車の中でした。
5分くらいで、加賀市の市民病院に着き、検査開始です。
血液はいつの間にかとられていて、覚えているのは
頭部CTスキャンをまずかけられました。
そして、次に頭部MRIです。

クリックで挿入

クリックで挿入


その内に血液検査の結果も出たみたいで
すべて異常なし。ただ肝機能が少し低いと言われました。
泊って行って良いけど、どうすると聞かれました。
自宅で休んだ方が楽なので、タクシーではま寿司まで
戻って、車で自宅に戻ると言って、了解してもらいました。
救命救急医は点滴で眠くなる薬を入れていました。
すぐ外してもらい、19時まで休んでから帰ることにしました。

そして、はま寿司までタクシーで帰り、そこから30分自家用車の運転でもどらないといけないので、そこで2時間ほど休みやっとの思いで自宅に戻りました。

そこからが大変です。頭痛にめまい、目の奥の痛みが出ていました。体的には、毒物、薬物、ウイルス脳の血管のつまりや破裂等全くなく異常なしとの検査結果です。

残りは、歯医者で処方された薬です。日、月と考える力もなくボーットして会社も休みました。火曜日になると頭の前にかかっていた幕が取れたような感じでボーットするのは止まりました。しかし、めまいと目の奥の痛みは残っていますので、目は開けられない状況は続いていました。

水曜日、会社に行けるか行ってみようと思って行きました。90分で気分が悪くなったので早退しました。その後木曜、金曜と休んで、土曜日やっと運転できるくらいになりました。

火曜日から毎日お風呂に入って、汗を流して薬が早く体外に出す努力をしました。

しかし、29日に昼、夜食を食べていなく、日曜日から自然農法の米でのおかゆを食べていました。

体の体力が落ちているうえに、食べ物からエネルギーが十分得られない状況では排出力も落ちます。結局土日で他県に遠出して日曜日の昼に自然農法のカレーを食べてから3時間後にやっと9日ぶりに大便をしてから調子が戻ってきました。

体から排泄する力もそがれていました。

先週も若干の頭が重いのと、めまいが少し残っていましたが、本日田んぼの草ねむとりを4時間できるまでになりました。

薬害って薬害エイスの訴訟もあったように、あるんだなと今回体験でした。

もう2度としたくない体験ですが。。。




 

2015年は乙羊

  • 2015.01.01 Thursday
  • 12:25
明けましておめでとうございます。

乙(きのと)とは
乙という文字は、草花の芽が曲がりくねっている象形文字新しい改革創造に対して外からの抵抗が強い。
未(ひつじ)とは
「一」と「木」から成り、枝葉の繁茂を表す。枝葉が茂ると暗くなるから、未は昧に通じ、すなわち暗くなる。
それで、乙羊(きのとひつじ)とは
(1)いろいろと抵抗にあい
(2)面倒なことが生い茂り
(3)陰気になりがちで
(4)従来の勢力と新しい勢力とが衝突することになる
まとめると煩わしいことやよくない事を思い切って払い落としていかねばなりません。
それを怠ると、従来の勢力が暗くなる(=昧くなる)ので、さらにその次の年
(2016年)には手が付けられなくなる程面倒なことになることを予見しています。
周辺諸国においても、内乱などが起こりがちでその影響は少なからず日本にも
及んでくるので、我々はとかく惑わされて軽挙妄動することなく、状況や形勢を
観察しながら落ち着いて行動規範を正していかねばなりません。
次の年(2016年)やさらにその次の年(2017年)は、内外共にひとつの
変革期になることは必須です。
2017年からは経済確立期に入る最初の年となりますので、まさに時代の分岐点となる時期です。
そういった意味でも、来年(2015年)は、我々ひとりひとりが試される年へとなっていくことが予想されます。

60年前の1955年の乙羊は
前年の1954(昭和29)年12月から神武景気が始まり、1957(昭和32)年6月まで続いています。
朝鮮戦争の特需によって日本経済が戦前を上回るほどに回復。
120年前の乙未である1894年には、三国干渉、李氏朝鮮では閔妃暗殺、その名も乙未事変(いつびじへん)が起こりました。国際的な緊張は高まる年回りのようです。

また、現ソニーが国産初のトランジスタラジオ、東芝が国内初の自動電気炊飯器を発売したのが1955年、乙未の年。海外に目を向ければ、アメリカのカリフォルニアでディズニーランドとマクドナルドが誕生したのもこの年です。

例えば、昨年からマレーシア機が狙われて、3機墜落しています。
ここではテーマが違うので詳しくは書きませんがTPP交渉とも少し関係あるようです。
そういうようで、昨年からの変化の兆しがいよいよ見に見えて変革になってくるようです。

僕は数年前から日本のマスゴミはスポーツの結果くらいしか信用していません。
常にグルーバルな視点を持ちましょう!
時事ネタは別のブログでたっぷり書きます。

中露のドル建て取引が停止

有機農産物マッチングフェアーin金沢

  • 2014.10.29 Wednesday
  • 01:04
 有機農産物マッチングフェアーに出店というより出品しました。
NPO法人SNN東京事務所に参加させていただいての、出品でした。
会場は近江町市場の新しく建った建物の広場でした。
こんな感じで醤油を出品させて頂きました。

昼頃になったら、突然この前出直し選挙で当選した山野市長が
視察に見えました。

突然だったもので、少し通過してから慌ててカメラで撮りました。
時計の下付近で秘書と一緒に隣の出店者の説明を聞いています。
こちらにも立ち寄られました。
その後、午後から、業者とのマッチングタイムです。
富山の自然農法の米の生産者も合流しました。

米とその米で作ったお酒の紹介をしています。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

日本ブログ村バナー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM