千島8大原理の第三原理バクテリアやウイルス自然発生説

  • 2015.02.21 Saturday
  • 19:43
これまでの歴史の中でノーベル賞を8つくらい取れる説を提唱した
千島喜久男博士やまた、同時期に別の元素転換説を提唱したC・ルイ・ケルブラン
これらの説が世に認められて活かされていれば、どれだけ世の中は良くなっているか
わかりません。
残念ながら都合悪いのか葬り去られて、一部の人々によって受け継がれています。

一部昨年、千島8大学説の第二原理の赤血球と各種細胞や組織とのあいだの可逆分化説
が小保方さんのSTAP細胞によって蘇ろうとしましたが、自殺者(他殺と思っていますが)
出る事態になり、否定されています。
今回は、昨日の続きのバクテリアウイルス自然発生説を紹介します。

下記の本はアマゾンでも4104円で販売してますので、買って読んで見てください。
約400ページありますが、千島博士が出された8大学説を簡単にまとめています。
もう一つお薦めの本は
ガンの疫学と血液(ガンにかからないための知恵)
ですが売り切れですね。古本でも買ってみてください。

もっと詳しく知りたい人は千島喜久男選集【全五巻】100000円があります。
http://www.chishima-gakusetu.com/book.html


血液と健康の知恵」医学博士 千島喜久男著
より抜粋(P161-178)
第3原理 バクテリアやウイルス

の自然発生説とその応用

1.パスツール以来の定説は再検討を要する

バクテリアやウイルスが、親細菌、親ウイルスなしに自然発生するか否か

と云う問題は、伝染病や食品保存と深い関係があり、極めて重大な意義をもっ

ている。

 パスツールは1859年にバクテリアは自然発生(いわゆる湧いてくること)

を否定する実験をフランスの学士院の会場で発表し、論敵プーセ教授等の意

見を打倒して以来約120年後の今日までこれが学界の定説とされてきてい

る。

 1859年といえば、ダーウィンが進化論を発刊した時でもあり生物学上記念

すべき年である。

 パスツールは巧妙な実験とたくましいファイトを以て論敵を打破り、フラ

ンスの学界の承認を得たが、冷静且つ理論的に考え直して見ればパスツール

の実験結果に対する解釈に行きすぎがあり、根本的な誤謬があることを私は

実験及び理論の上からそれを指摘してきた。

 しかし、世界の生物学界や医学界は私の説に対してただ沈黙を守っている

だけである。

 この現状は科学的良心をもっている学者にとって、あまりにも不可解なこ

とといわざるを得ない。 

3) 私の実験結果と生命の自然発生説

  〃豕紊良綰圓砲茲觝拔櫃亮然発生

 カエルの心臓から消毒した注射針で一滴の血液を取り、これをカバー、ス

ライド法によって、縁をパラフィンとワゼリソを等量に混ぜたもので密封し

無菌的に、血液湿潤標本を造り、これを夏季なら室温で顕微鏡下におきヽ細

菌が一匹もいないごとを確めておいて、連続して観察する。すると4−5日で

赤血球の内部に多数の液胞が出現する。それを連続観察をつづけると始め球

菌状、後にそれが伸びて悍菌状となり血球は数十個の悍菌の束のようになる。

そして血球の膜はこわれ外縁のものから細菌は遊離して血漿中に浮ぶ、この

際、数個の菌体が塊まったまま分離することもしばしばある。このような細

菌塊も時と共に個々の細菌に分離する。このように細菌塊から分離する様子

を見で従来悍菌が縦に分裂する状態を観察したという人があるが、これは恐

らくこのような分離する様子を見たものであろう。

5) ウイルスの自然発生説

ウイルスに関して私は実験的に研究はしていないが、理論的に考えてこれ

は自然発生するものであると考えている。 というのは、ウイルスが生体細胞

中へ侵入して細胞内部で分裂増殖したことを実証した学者は1人もいないか、

らである。

 細胞壁に吸着したウイルスはその物理化学的作用で生体細胞に誘導作用

 (連鎖反応的)によってその細胞の原形質をウイルスと同じ化学的組成をも

つものに変化させるものであると考えるべき証拠は多数ある。ウイルスは細

胞の逆AFD現象即ち死によって生れるものである。ウイルスは病気の原因

であるよりむしろ結果であるというのが私の持論である。


  〆拔櫃筌Εぅ襯垢麓然発生する。

 伝染病といえば、それぞれの病原微生物(細菌、ウィルス、原生動物その

他)に。感染して起るものとなっているというのが常識である。しかし、私の

バクテリアやウィルスの自然発生説″から見れば、そこに大きな疑問がある。

生活機能が低下して、細胞や組織が病的となり、死即ち腐敗に傾けば、そこ

に細菌やウィルスが自然発生してくることは私の実験によって確められてい

る。
要するに伝染病の大流行は疫学的に観れば、気候異変、戦争、飢饉、

移動、密居、不潔不衛生な日常生活と深いつながりをもっていることは

的事実に照して明らかである。

これらは私の云う第3原理(バクテリアやウィルスの自然発生説)でよく

説明することができる。

 このような悪い生活環境は人間の精神的ストレスを増し、肉体的抵抗力(活

)を減退させ、多数の人々が生理的機能が障害を受け病的になるにつれて、

生体内部に細菌、ウィルス、リケッチアなどが自然発生して来るのが主因でヽ

ある。

 発疹チフスやペストズ肺ペスト)は北方寒冷地帯に原発常在するが、気候

の寒冷化と共に欧州まで大流行したことや、ライ病は元来熱帯地方に多ト病

気であるが、夏季や不衛生な生活をする下層階級に多発していることなとか

らも推定できる。

引用ここまで

上記の通りウイルスやバクテリアは自然に発生するので、自然に発生する
原因を取り除けば、発生しません。
人間はとかくストレスに弱いので、ストレスからも細菌やウイルスが
発生し病気になります。

多分ストレスで曇の濃度が増すと思います。
だから、僕が20年以上前から行なっている健康法ですが、
体に入った異物は早めに排泄されるようにする。

風邪を引いた時は、熱が出やすいように、熱い43℃〜45℃
くらいのお風呂に入り、内側からだけでなく外側からも温めて
汗と尿で毒素の排泄を促進します。
但し、熱い風呂に入るのは体力が無いとできませんから注意です。

「黴菌の発生」と「風邪は万病にかからぬもと」

  • 2015.02.20 Friday
  • 22:00
 岡田茂吉師の論文から一部引用
引用先は
http://blogs.yahoo.co.jp/okamottisan123/21979246.html

「黴菌の発生」
初めは透明体である人霊に、二様の原因によって不透明体の部分、すなわち曇りが発生する。それが肉体に移写するや、時を経るに従って濃度化し、それに病菌が発生するのである。元来曇りなるものは大空を遮っている雲と等しく、水素の集合体であって、その曇りの濃度化が、ある程度に達するや、自然に想像もつかないほどの超微粒子が発生する。特に人間の体温という好条件が助長するからでもあるが、これこそ無から有を生ずるのである。この微粒子こそ実に言語を絶するほどの無限微粒子であってちょうど天空の広さが無限大であるように、これは反対の無限小であり、これが宇宙の真理であるとしたら、このことが分かりさえすれば、黴菌発生の原理も自ずから理解され得るのである。そうして右のごとき無限微粒子が、まず最初曇りに発生するや、漸次生育してゆき、ある程度に達するや、個性的無数の微粒子が生まれる。しかも一つ一つが生命を有し運動性もあり、そのときの本質は植物性といってもいいくらいの一種のバクテリアである。するとそのバクテリアは時の進むに従って、漸次発育し動物化してしまう。言い換えれば無機質が有機化するのである。この有機化した微粒子こそ、いわば黴菌の卵子であって、この卵子が漸次発育して、いよいよ最初の黴菌となるのである。しかしこの程度ではまだ顕微鏡では見ることはできないがこれが彼のウィルスである。そうして最早生物となった黴菌は食物が必要となるので、互いに食い合いを始める。すなわち弱肉強食という生物の自然原則で、人間社会における生存競争と同様である。もちろん、黴菌群中にも強者が現れ、弱者は淘汰されつつ、強者はますます太るというわけで、この強者こそ顕微鏡で補足され得る生長した黴菌群であるから、私が常にいう如く、病原になった黴菌は、黴菌中の大きなものである

です。
これを現代医学的に考えます。

上記のように病原体の大きさは インフルエンザウイルス<肺炎菌<結核菌
菌の大きさが大きくなり、顕微鏡で見えるようになります。
一番小さいのが未発見の風邪の病原体です(一部コロナウイルス等あります)。
風邪に効く特効薬はまだ発見されていません。
風の病原体はインフルエンザウイルスより小さいし今の顕微鏡では
見えません。

今度は病気の重傷度ですが
風邪<インフルエンザウイルス<肺炎<結核 の順番に病気が重くなります。
これも曇りの濃度に比例します。

つまり、曇の濃度が薄い間に、浄化(デトックス)で曇の濃度を下げれば、次のインフルエンザ
ウイルスが湧きません。
それには毎月風邪を引いて、濃度を薄くする努力をします。
風邪は万病にかからぬ元と仰っています。
逆に、浄化(デトックス)を止めて濃度が濃くなれば、結核まで行き重傷化します。

また、濃度が濃いと、1匹でもウイルスが入った場合、それが増殖して浄化作用(デトックス)に
つながります。世間では伝染ったと言われます。
但し、濃度が薄いをウイルスが生きて行けないので増殖しません。
世間では伝染らないと言います。

つまり、菌やウイルスは自分の中で湧くものであると。
これは今度紹介しますが千島博士も医学的見地から論文を出されています。

だから、僕は毎月くらい風邪をひいているので、体の中曇の濃度を
下げているため、インフルエンザにかかりません。
それは風邪を引いているからです。

従って、異物であるワクチンを体に入れなくて済みます。
間抜けな話、それを入れたら、それを出すための浄化作用が発生します。
田んぼで行くと、藁を鋤込むからコナギが湧き、草取りが必要になるのと同じです。

WHO、インフルエンザはワクチンで予防不可と結論 病院は巨額利益、接種しても感染多数

  • 2015.02.20 Friday
  • 00:45
僕は冬の季節になるといつも憂鬱あのなのはインフルエンザの予防接種の
確認が各課長から確認されることです。
いつも、アレルギーだからと言って、予防接種は受けません。
また、インフルエンザにかからない自身があります。
これは後日書きますが。。。

さて、国民のみなさまが信じているインフルエンザワクチンの実態です。

☆WHO、インフルエンザはワクチンで予防不可と結論 病院は巨額利益、接種しても感染多数
引用:
●ワクチンには予防効果がない
その一方で、東京都内で内科医を開業する医師は、ワクチンそのものに疑問を投げかけている。

「世界保健機関(WHO)のホームページを見ても、『ワクチンで、インフルエンザ感染の予防はできない。また有効とするデータもない』 と書いてあります。
そもそも、インフルエンザはA香港型、Aソ連型、B型などと分類しますが、同じ型であってもウイルスは細かく変異を続けているため、 ぴったりと当てはまる型のウイルスを事前につくり出すことは事実上不可能です」(内科医)

 つまり、流行するウイルスの型を正確に予測することはできないのに、ワクチンを製造して希望者に接種しているということになる。
「インフルエンザ予防にはワクチンが有効だと考えている人は多いですが、はっきり言って妄想です」(同)

ではなぜ、効果がないにもかかわらず、ワクチン接種が定着しているのだろうか。その理由について前出の内科医は次のように述べる。

「ワクチンは毎年約3000万本製造されています。また、巨額の税金をつぎ込み、輸入もしています。 5年前、国内の在庫が足りずに慌てて輸入したところ、ワクチンが届くころにはインフルエンザが終息し、 大量の在庫を抱えたことがありました。毎年一定量のワクチンを使用することで、 備蓄量をコントロールしたいとの政府の思惑も働いていると考えられます。
また、インフルエンザがはやる季節には、ワクチンだけで小さな病院でも数百万円、 大病院では数千万円の利益になります。病院にとってワクチンは安定収入を得る手段になっているのです」
:引用終了
 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

日本ブログ村バナー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM