タイのオーガニック農場5

  • 2013.09.09 Monday
  • 22:54
それで、圃場を案内してもらいました。
ここは世界自然遺産のカオアイ山脈のふもとです。
カオアイ山脈には野生のトラ、アナコンダのような人を飲み込む大蛇
がいるそうで、危険で日本のように登山はできないと言っていました。
また、コブラも多いそうで、田舎へ行くと、家に入り込んで、トイレの
中でトグロを巻いていたという話はざらにあるそうです。

しかし、農場を始めて15年コブラの被害は0件です。
農場の灌漑は初めから、川の水は汚染もあるので使わないと決めていた
とのことで、何箇所地下150mボーリングして地下水が出てきたので
それを池に貯めてその水をポンプで各圃場の地中80cmに埋めてある
スプリンクラーで水を与えているとのことです。
池にはEMと地元の菌を入れています。

場ではハーブ15種類、野菜40種類、果樹15種類の計70種類
栽培されています。
今は、トマト、ナス、カボチャ、オクラ、インゲン、カボチャ、生姜
大根、レタス、ニンジン、ツルムラサキ、メロン、モロヘイヤがありました。
果樹はバナナ、大粒ライム、ドラゴンフルーツ等ありました。
ナスの畑



レタスと大豆の混植の畑

生姜のはたけ





タイのオーガニック農場4

  • 2013.08.28 Wednesday
  • 22:48
 その他、現在酵素飲料用の工場を作っていて、本格的に製造販売
するみたいです。

これは100%大賀さんの圃場で取れたオーガニックのハーブ類
野菜を仕込んで、1年〜2年発酵させて、作る黒酢みたいな味の
ものです。
薄めて飲ませてもらいましたが、うまかったです。
これにも苦労話があります。

当初、発酵というとどうしてもアルコールが出来てしまいます。
2.8%くらいのアルコールができると言っていました。
そうすると、お酒類になりタイでも正式には販売出来ません。
それで最初の3年くらいはこっそりと販売していました。

ある時購入者から電話が有って、爆発して飛び散ったと。
行ってみると、シャンパンみたいに栓が飛び、中身の半分以上が
天井に飛び散り、赤くシミになっている光景だったと言う事でした。
発酵が進みすぎて、爆発したと言っていました。
ところが3年経った頃、突然それがやってきたと言っていました。

発酵してもアルコールが0%になったのです。
アルコールを分解する菌が突然発生して、蔵に住みついたんではないか
と言っていました。
それで、発酵も収まってからビン詰めするので、以前のような爆発も
無くなったと言っていました。
願いがかなうんだな〜と仰っていました。

店にも左側にワインのようなビンで販売しています。

タイのオーガニック農場3

  • 2013.08.26 Monday
  • 22:31
従業員は農場には20名5家族だったか8家族だったか農場の
中に住居を建ててあげて、住んでいるとのことです。
加工工場には25名従業員がいます。



使用済みはまた、バラシテ、布は再利用して、中のハーブ類は
農場の一角に積んで堆肥にしています。

15年前始めた当初の土です。
赤土で全く有機物が入っていません。

タイのオーガニック農場訪問2

  • 2013.08.24 Saturday
  • 22:38

現在、大賀さんは12町の畑をオーガニックで実施しています。
オーガニックの認定は米国、ヨーロッパ、イスラム、タイ2種類
オーガニック認定国際機関IFOMの6種類を取っています。


いろいろ地球の環境問題意識をお持ちで



農場ではハーブ15種類、野菜40種類、果樹15種類の計70種類
栽培されています。
種は自家採取できるものはしていますが
玉ねぎ等できないものは買っています。

使用しているのは、堆肥のみで、堆肥作りにEM菌を
使っています。
当初動物性堆肥100%でしたが今は30%くらいに下げている
とのことです。
100%植物性にできたら良いですねという話もしましたし
自然農法は羨ましいとも言っていました。
大賀さんの理念です。

タイのオーガニック農場訪問その1

  • 2013.08.22 Thursday
  • 23:16
 さて、このオーガニックレストランで
「メコンの大地が教えてくれたこと」
大賀流オーガニック農法が生み出す奇跡
という本を見つけました。
前回この本を買って帰りに読みました。
アマゾンでも買えます。
それで、ズブの素人の大賀さんがどうやってここまでたどり着いたか書いてありました。
それを読んでまた感動しました。

それで、今回この圃場に行きたくなりまして、アポを取りました。
しかしタイ行きも急に決まったことで、大賀さんはちょうど僕の日程と丸かぶりで
チェンマイに農業指導に出かける予定が入っていました。
僕がタイに到着する日にチェンマイに出かけます。
帰国の日にチェンマイから夜帰ってきます。

今回は縁が無かったと、諦めました。
そころがタイ行きの2日前に連絡が有って、チェンマイの農村の都合で
1日早く帰れることになったと。
先方の都合でした。ビックリでした。
最終日に1日大賀さんの農場を訪れる機会を頂きました。

こちらが大賀さんの圃場で取れた野菜の料理と平飼の鶏から取れた
卵料理です。

手前の丼には大賀さんの圃場で採れたモロヘイヤを練りこんで作ったインスタント麺
(世界、アメリカ、ヨーロッパ、イスラム、IFOMの認証を取った麺)
がありましたが、食べた後を撮りました。
右から、大根菜の炒め物
卵料理
つるむらさきを唐辛子と一者に炒めたもの
豚肉料理で手前が野菜サラダです。
豚肉以外は全てオーガニックです。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

日本ブログ村バナー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM