自然農法の白菜も縛ってみました

  • 2017.11.05 Sunday
  • 23:36

今年は久しぶりに白菜の苗を知人の自然農法生産者に依頼して作ってもらいました。

白菜はいつもは畑に種をばらまきして、すぐったり、植え替えたりしてやったことが

ありますが、うまくいった試しがありません。

 

それで種まき苗作りの時期は7月から8月ですが、僕は夏野菜のお世話と田んぼの稲刈りの

準備で忙しく、苗は頼もうと思いました。

白菜20鉢、キャベツ25鉢、ブロッコリー10鉢を作ってもらいました。

本当はこの数量の倍お願いしていましたが、失敗したみたいで

この数しかできなかったです。

 

さて、10月29日と11月4日の様子です。

10月29日の白菜の様子。

2株から3株麻紐で縛ってみました。

ナス科でうまくいったので、白菜に試します

大根の畑の端の1畝に植えてみました。

右側の白菜は縛ってあります。左側は比較用で縛ってありません。

こんな感じで比較するために3株くらい縛ってみました。

そして、これが1週間後11がちう4日の白菜です。あまり変わっていないような?

もう近隣の白菜は大きくなって、食くらいになっています。

成長が遅いのは大根も同じだな!

 

こちらはキャベツです。

周りにあるのは雑草ではなく大根です。9月下旬にこおん1畝耕して

苗を定植しました。こぼれ種の大根も芽が出てきます。

 

 

農林1号とハッピーヒルの登熟

  • 2017.11.05 Sunday
  • 23:21

これは10月21日のハッピーヒルと農林1号の様子です。

農林1号は肥料をやったら、早生でコシヒカリより早く登熟するが

自然農法ではゆっくり育って、登熟も10月末になります。

これはこぼれ種の大根にも言えます。

こぼれ種の大根は8月初旬に起こし、その後の雨で一斉に芽が出ます。

近隣の慣行農法の大根は皆1ヵ月後の9月に種まきをします。

ちょうどコシヒカリを収穫してから種まきです。

 

約1ヵ月遅いですが、11月に入ると慣行農法の大根に追い越され

食べごろになります。自然農法は自分で必要な養分を作った吸収しているので

育つのに時間がかかります。

従って、9月に大根を撒いたのでは12月末になって少し食べられる状態になりますが

雪が降り始めるので、成長は望めなく、一部だけ食べられる大きさになり大半は

小さな大根でした。

こぼれ種を初めて2年は耕す時期が遅く大きくならないまま年越しでした。

 

それから1年毎に1週間くらいづつ早め、一昨年お盆前に耕さないと間に合わないことが

分かりました。

昨年は盆前に耕し豊作でした。

 

話を稲に戻します。

10月21日は雨で、刈り取りには不向きな日です。

これがハッピーヒル

1穂当たりの粒数はあります。粟かヒエみたいな穂です。

こちらは農林1号

こちらは農林1号に合わせて水を遅くまで入れていたので

銀坊主の稲刈りは苦労しました。横にコンバンインの車輪の跡が

見えますが柔らかかった。

さて穂は

まだ枝が青いです。

来週くらいがちょうどでしたが、来週も雨でしたので。

今年の大根ため掘り

  • 2017.11.05 Sunday
  • 23:02

先日10月21日にこぼれ種の大根を試し掘りしました。

どのくらい育っているかは掘ってみないと分かりませんから。

特に僕の大根は表面からあまり出ないので。

出ている大根は間違いなく大きいですがほとんどの大根は雪から身を守るために

あまり出ません。

10月21日の畑の様子

これがこのくらい地表から出ている大根を3〜4本掘ってみた。

4本掘ったが、3本しか写真撮っていなかった。

これだけ育っています。

 

 

 

究極の自然農法こぼれ種大根

  • 2017.09.21 Thursday
  • 23:20

さて、本格的に秋になってきて、台風一過の後は気温も下がってきました。

こぼれ種の大根も順調です。

右上の方の大根の発芽が少なかったところは草が目立ってきました。

大根もすぐり菜で取っていますが、取り足りないです。

で大きくなって、すぐれなくなってきました。

もう1か所の大根畑は

耕していないところは草が大きくなってきました。

ここらへんは大根がほとんど見当たりません。失敗か?

一部はよく見ると草の中に小さくあります。

やはり草にさえぎられて成長が遅いようです。

不耕起はまだ時期ではないですね。失敗か?

先週植えた白菜の苗の周りに大根が芽を出してきています。

いまから大根は遅いですが、どうなるか観察します。

 

 

 

台風でも倒伏しない銀坊主と農林1号

  • 2017.09.21 Thursday
  • 23:08

銀坊主は草丈最大で140cmありました。

この前の台風で倒れないか心配しましたが。

この通リ一部斜めになっただけでした。

農林1号はこれからです。

なんせ草丈1mくらいしかないですから。

コシヒカリより短いです。

穂とです、株はこれで42本あります。

農林22号より約1週間出穂が遅かったので、10月下旬収穫種取りかと思っています。

10月末となると来年作るか迷うところです。

自然農法のこぼれ種農法9月10日の様子

  • 2017.09.12 Tuesday
  • 00:04

さて、先週から少し大根のすぐり菜を取っています。

こちらは全面トラクターで起こした畑。

一面大根が生えています。

右上の1・4くらいが緑が薄いというか大根の発芽が少ないです。

左下からすぐって菜っ葉で収穫します。

こんな感じで大きくなってきています。

さて、もう1枚の畑ですが、こちらは班節か起こしませんでした。

現在はこのように一部草がはびこっているので、

草を上だけ刈りました。

左が刈る前 右が頭を刈った後です。違いが分かりにくいな。

もう今更、トラクターで起こしても遅いです。

肥料をやれば早く育ち11月には太ります。

しかし自然農法は肥料をやりませんので、慣行農法より1ヵ月成長期間が

長く必要です。

今から耕すと多分12月になったも小さいままです。

ので今年はこれで様子を見ます。

カムナガラです。

 

 

 

 

自然農法の農林1号出穂

  • 2017.09.11 Monday
  • 23:36

農林1号は耐肥性があり草丈も低く、味も良いと聞いていました。

耐肥料性があるということは、どれだけ肥料を与えても肥料を吸って

育つ、しかも草丈が短いので倒伏もしないと思っていました。

 

ところがです、自然農法で無肥料無農薬で育てると早生ではなくなります。

9月9日に出穂です。例年の農林8号より1週間弱遅い出穂でした。

早生は7月に出穂です。

今年はコシヒカリでさえ7月31日くらいに出穂でした。

右側が銀坊主です。

草丈は104cmです。これで一番草丈の高い方です。

ちなみに銀坊主は140cmです。

銀坊主ですがよく見ると葉イモチ菌があるような

葉にイモチの小さい斑点があります。

もう少し風通しがよい作り方を考えないと。

おまけですが、

ハッピーヒルも穂が出始めました。

穂が太い。

 

自然農法の垂直仕立てのなすは成長が良い

  • 2017.09.05 Tuesday
  • 23:23

今年のナスは今までで一番草丈が伸びて、収量もい多いです。

自然農法のなすってこれだけとれるんだと驚いています。

またトマトも垂直仕立てのおかげで、1本も枯れていません。

但し、雨が多いせいで、実が腐ったり割れたりで収穫はここ3週間

出来ていません。

茄子の様子です。

よく見ると。

下の2本は葉っぱがほとんどなくなっています。

虫?と思いましたが、特定の4本〜5本のみと枝を残し綺麗いに無くなっているので

動物か鳥ではないかと思っています。

茄子の葉っぱって美味しいのかな?

白ナスで比較のため垂直仕立てをしていなかった2本です。

真ん中の1本最初の方しました。

真ん中が一番成長が良いです。

そこで右の1本を今日から垂直仕立てにしようと思い支柱を立てました。

今後どのように成長するか?

またはあまり成長しないのか楽しみです。

今週の収穫です。先週はこの倍くらいありました。

ササゲです。これで4週間このくらい採れています。

バターナッツカボチャ等です。

後3つから4る成っています。

 

究極の自然農法のこぼれ種からすぐり菜収穫

  • 2017.09.05 Tuesday
  • 23:08

さて、稲はこれから収穫に入って、忙しくなります。

8月に起こした畑は、どうなっているかというと

片方の畑はいたるところから大根が生えてきています。

右上のところが少ないですが、もともと成長も悪いので仕方がないです。

少しずつ成長がわるいところが減っているような気がします。

手前の成長が良いところは

もうすぐり菜として収穫できそうです。

こんな感じで1.5kgほど収穫しました。

すぐらなくても勝手に合体したりして大きくなりますが。

もう片方の畑はどうかというと

左の支柱を立ててあるところが隣との境界です。

耕したところはきれいに生えてきています。

ところが、たがやしていないところの左側は草が生えています。

ここはもう大根が生えていましたので、耕しませんでした。

失敗か成功かもう少し様子を見たいです。

 

 

 

 

 

 

農林22号の出穂

  • 2017.09.05 Tuesday
  • 01:17

農林22号も例年とおなじくらいの26日ころに出穂でした。

今年は一部草丈の大きいところは最大の150cmありました。

今まで計ったなかで一番長いです。

手前と奥が草丈および分決も多いです。

奥で、胸のポケットの位置くらいです。

クサネム取りの合間に写真を撮りました。

巻き尺で測定すると。こちらは手前の草丈を測定。150cmあります。

草丈が長いと、野毛も長くなります。

もう1枚の農林22号を作ってある田んぼは草丈も最大で130cmくらいしかなく

野毛も短いです。

そこも、草丈はが140cmくらいの時は出穂直後はきれいな白い穂が

風で揺れていました。

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

日本ブログ村バナー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM